スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、米でEV共同開発 テスラと資本提携 「GM合弁工場」で生産(産経新聞)

 トヨタ自動車は21日、米電気自動車(EV)ベンチャー「テスラ・モーターズ」とEV開発に関して資本業務提携することに基本合意したと発表した。テスラは、2012年をめどに米カリフォルニア州内でEVの量産に乗り出す。トヨタも同年にEVを米国市場に投入する計画を明らかにしており、EVの高級車販売で評価されているテスラとの提携で、今後の計画推進に弾みがつきそうだ。

 トヨタは資本業務提携に伴い、テスラに対し総額5千万ドル(45億円)を出資しテスラ株を取得する。保有比率は公表していないが、「数%になるもよう」(関係者)。

 テスラは今年4月に閉鎖した米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)とトヨタの合弁工場「NUMMI(ヌーミー)」(同州フリーモント)の一部を購入し、12年をめどにEVの生産を始める。両者は今後、専門チームを組織し、具体的な業務内容などについて検討を始める。

 現地時間20日午後、同州のテスラ本社で記者会見が行われ、トヨタの豊田章男社長は「テスラの無限の可能性を感じた。テスラから意思決定のスピードなどを学びたい」と述べた。テスラのイーロン・マスク会長兼CEO(最高経営責任者)は「トヨタは世界のリーダー格で尊敬している」と提携の理由を述べた。

【関連記事】
スポーツカーなど相次ぎ「退場」 世界的な排ガス規制で
中部空港にEV車の充電スタンド 豊田自動織機など開発
三洋電機、スズキのPHVに電池供給
自動車、電池、素材業界…次世代エコカーで設備投資本格化
EV普及へ50万台目指す 日産ゴーン社長、「リーフ」で目標
中国が優等生路線に?

普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」(産経新聞)
睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ-SASネット(医療介護CBニュース)
皇太子さまが兵庫へ(時事通信)
普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)
スポンサーサイト

ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗-「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)

 サクランボの生産量日本一を誇る山形県は、温暖な地域を産地とするユズやスダチなど、かんきつ類を試験的に栽培している。最近の気候変動の激しさや地球温暖化に備えたもので、県農林水産部は「特産のサクランボやリンゴを守るだけでは今後やっていけない。生産できる作物の幅を広げる狙いがある」としている。
 県は4月上旬、寒河江市内の園芸試験場にユズ、スダチ、カボスの苗を5本ずつ植えた。耐寒性がないものも多いかんきつ類だが、比較的寒さに強い種類の苗を選んだという。同試験場の佐藤康一研究員(52)は「どれだけの大きさ、量、質の果実が取れるかは全くの未知数だ」としながらも期待を寄せる。花が咲くまでに3年、作物として生産できるか見極めまでには5年程度必要だ。
 同県酒田市では4年前から、徳島特産のサツマイモ「鳴門金時」と同系統の品種の栽培を開始。現在では県外向けに出荷するほど生産量を伸ばした。
 JAそでうら(同市)営農販売部の五十嵐正義さん(40)は「しっかりした甘さもあり、品質も四国のものに劣らない」と自信を見せる。県農林水産部は「過去にも全く作れなかったわけではないが、少しずつ暖かい気候になったことで品質向上と収穫増につながっている」と分析している。 

【関連ニュース】
環境に配慮した成長を=黒田総裁が協力要請
COP16成功へ積極取り組み=気候変動閣僚会合が閉幕
10月に気候変動閣僚会合=小沢環境相、名古屋開催を提唱
成長持続で協力確認=ASEAN+6、初の財務相会合
COP16へ意見調整=主要排出国が閣僚級会合

俳句塾 ニューヨークで最終回…俳人の大高翔さん(毎日新聞)
<中央道>パンク修理中の家族3人はねられ重体 甲府・上り(毎日新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
普天間移設 「最低でも県外」公約でなく目標 首相(産経新聞)
<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
プロフィール

かみおかひであきさん

Author:かみおかひであきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。